1 :あやめφ ★:2013/01/30(水) 15:19:59.20 ID:???
2月1日より全国公開されるアニメ映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』(窪岡俊之監督)。
通常は「R15+」(15歳以上は鑑賞可)での興行となるが、東京・新宿バルト9と大阪・梅田ブルク7の
2劇場では、無修正オリジナルとなるR18+バージョンのレイトショー興行を行うことが決まった。

同作は、漫画家・三浦建太郎氏が20年以上にわたって描き続けるダークファンタジーの
世界観全てを映像化するベルセルク・サーガプロジェクトの第1弾で、ファンの間でも人気が高く、
最もドラマチックな展開を見せる“黄金時代篇三部作”の完結編。

王国への反逆罪により捕らえられたグリフィスを鷹の団が救出するストーリーから始まり、
原作発表当時、あまりの恐怖と絶望により話題となった鷹の団の壊滅シーン“蝕”が描かれる。
原作に忠実に描く方針で制作した結果、刺激の強い肉体損壊と性愛描写があることから
映画倫理委員会よりR18+の指定を受けていた。通常興行のために新たに制作された
R15+版では、映像をカットすることなく、明るさなどの調整が施されている。

ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2021133/full/

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨
http://www.berserkfilm.com/news/?p=1135